わらべ館(旧鳥取県立図書館)

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市:歴史・観光・見所>わらべ館(旧鳥取県立図書館)

概要・歴史・観光・見所
わらべ館(旧鳥取県立図書館)概要: わらべ館は昭和5年(1930)に旧鳥取県立図書館として建てられた建物の外観を復元したもので、昭和初期の近代建築の様子を今に伝えています。鉄筋コンクリート2階建(一部搭屋)、外壁は着色モルタル掻き落とし仕上げ、基礎は人造石洗い出し仕上げ、外観全体はアールデコ様式を採用し取り入れたと思われます。当初の設計は置塩章で、陸軍技官や兵庫県営繕課長を歴任後に独立し多くの公共建築の設計に携わっています。縦長の開口部やレリーフ、搭屋上部はアールデコ風の幾何学的な意匠、パラペット直下の蛇腹など当時の洋風建築の要素が取り入れ、当時の鳥取市内では珍しい耐火建築でもあった為、昭和27年(1952)の鳥取大火で多くの木造建築が焼失する中、火災を免れた数少ない建物の1つとされます。そのような歴史的背景から、老朽化で解体計画が持ち上がると保存運動が盛んなり、内部は構造体以外は略新しくなりましたが、外観はかなり忠実に復元されました。平成7年(1995)以降は「わらべ館」と呼ばれるミュージアムとして童謡・唱歌・玩具などの資料が展示されています。

わらべ館:写真

わらべ館
[ 付近地図: 鳥取県鳥取市 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]
わらべ館 わらべ館 わらべ館 わらべ館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。