鳥取市: 新井の石舟古墳

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市:歴史・観光・見所>新井の石舟古墳

概要・歴史・観光・見所
新井の石舟古墳(鳥取市)概要: 新井の石舟古墳は6世紀末から7世紀初期頃に築造されたと推定される直径10m円墳です。横穴式石室の玄室には切石造りの家型石棺が安置され、大きさは1辺114cm、厚さ24cmの把手に縦190cm、横110cm、深さ55cmの身で構成されています。古くから「泉塚」として信仰の対象にもなり石舟内内部に溜まる水の量で稲作の吉凶を占い、水を掻き回すと100日間雨が続くとも云われています。又、周辺に平家の落人伝説があることから二位尼(平清盛の正室(継室):平時子)の墓との伝承があります。新井の石舟古墳は学術上貴重なもので昭和58年(1983)に鳥取市(旧国府町)指定史跡に指定されています。

新井の石舟古墳:写真

新井の石舟古墳
[ 付近地図: 鳥取県鳥取市 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。