鳥取市: 箕浦家武家門

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市:歴史・観光・見所>箕浦家武家門

概要・歴史・観光・見所
箕浦家武家門(鳥取市)概要: 案内板によると「 この武家門は、もとお堀ばたの南隅にあって2千石の箕浦近江宅の門でした。昭和11年に大阪の素封家広岡松三郎氏の寄贈によって現位置に移築保存されたものですが、今日では、鳥取が城下町であったことを語る貴重な建物です。」とあります。箕浦家は2千石を有する鳥取藩の中でも上級武士にあたり代々番頭などの要職を歴任しています。明治維新後に屋敷跡は因幡高等小学校女子部や久松尋常高等小学校、鳥取県師範学校などで利用され主屋などの建物は破却されましたが、長屋門だけは奇跡的に残され、表門や通用門として利用され続けられました。武家門は入母屋、桟瓦葺、塗屋造、白漆喰仕上げで、腰壁は海鼠壁、所謂長屋門形式で道路側には物見の格子戸が設けられ、入り口には大扉の他い通用口があるなど上級武士の格式を備えています。現在鳥取内に残る唯一の武家長屋門の遺構として貴重な事から鳥取市指定保護文化財に指定されています。

箕浦家武家門:写真

箕浦家武家門
[ 付近地図: 鳥取県鳥取市 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]
箕浦家武家門 箕浦家武家門 箕浦家武家門 箕浦家武家門


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。