鳥取市: 防己尾城

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市:歴史・観光・見所>防己尾城

概要・歴史・観光・見所
防己尾城(鳥取市)概要: 防己尾城は天正年間(1573〜1592年)に当地の国人領主である吉岡将監定勝によって築城されたのが始まりとされます。湖山池に突き出た標高38.8mの半島状に築かれた平山城で3つの独立した高台を利用して本丸、2の丸、3の丸を設けその周辺に細かな郭が配置され三の丸の外側には小規模ながら城下町が整備され、城の北側には船付場を設けて水上交通にも対応していました。地形が半島状だった事から3方を湖山池で囲われ、防御は正面のみを重点的に整備した事で守り易く攻め難い天然の要塞となりました。天正9年(1581)、羽柴秀吉による鳥取城攻防戦では、吉岡氏は城方である毛利氏に従った為、秀吉と対立し、3度も防己尾城に兵を差し向けられましたが2度は押し返し秀吉の馬印である千成瓢箪を奪取して指揮を高めたと伝えられています。力攻めでは防己尾城を落とす事が出来ないと悟った秀吉は亀井茲矩に命じ城を取り囲み兵糧攻めによりようやく落城し、廃城となりました。現在でも郭の形状や土塁、空堀、虎口跡などが残されています。

防己尾城:写真

防己尾城
[ 付近地図: 鳥取県鳥取市 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]
防己尾城 防己尾城 防己尾城 防己尾城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。