倉吉市: 伯耆の大シイ

  鳥取県:歴史・観光・見所倉吉市:歴史・観光・見所>伯耆の大シイ

概要・歴史・観光・見所
伯耆の大シイ(倉吉市)概要: 彦根城(滋賀県彦根市)の城主で幕末期の江戸幕府にて大老を務めた井伊直弼(彦根藩15代藩主)の師であった仙英禅師が住職を務めた寺院です。仙英禅師は吉祥院で住職を務めた後、彦根城の城下に境内を構え彦根藩主井伊家の菩提寺でもあった清涼寺の住職に就任にし井伊直弼と関係を深めたとされます。直弼は仙英禅師に篤く帰依し修行に励んだ結果、仙英禅師から印可証明(悟道の允許)と、袈裟血脈を授けられ、藩主就任後も心の支えとしていたと伝えられています。吉祥院は別称として「弘法さんの寺」と呼ばれ親しまれています。山門は入母屋、一間一戸(上層部は桁行3間)、四脚楼門、本堂は入母屋、本瓦葺、平入、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ。宗派:曹洞宗。本尊:阿弥陀如来。

伯耆の大シイ:写真

吉祥院
[ 付近地図: 鳥取県倉吉市 ]・[ 倉吉市:歴史・観光・見所 ]
吉祥院 吉祥院 吉祥院 吉祥院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。