倉吉市: 大日寺

  鳥取県:歴史・観光・見所倉吉市:歴史・観光・見所>大日寺

概要・歴史・観光・見所
大日寺(倉吉市)概要: 胎金山大日寺の創建は承和8年(841)、慈覚大師が開いたのが始まりと伝えられています。その後一時衰退しましたが永延2年(988)に恵信僧都源信が再興しています。寺宝である木造阿弥陀如来坐像は嘉禄2年(1226)に製作されたものでヒノキ材、寄木造、像高115cm、彫刻史上貴重な資料なことから大正11年(1922)に国指定重要文化財に指定されています。同じく木造薬師如来立像は平安時代中期から後期に製作されたものでヒノキ又はカヤ材、一木造、像高152cm、鳥取県の彫刻史上貴重な資料なことから平成6年(1944)に鳥取県指定保護文化財に指定されています。又、大日寺の梵鐘が鰐淵寺(島根県出雲市)にあり、国指定重要文化財に指定され、近くにある東高尾観音寺には大日寺から伝わったものとされる木造千手観音立像や木造十一面観音立像、木造不動明王立像、木造四天王立像など国指定重要文化財2体、鳥取県指定保護文化財11体など合計45体を所有しています。さらに、境内近くには大日寺古墓群(鳥取県指定史跡)と呼ばれる円地坊、頼朝墓、極楽の峰の3つ墓域からなる古墓群があり、「大日寺式」と呼ばれる独特の五輪塔が数多く建立されています。大日寺瓦経は延久3年(1071)の銘が入っている日本最古の瓦経とされ、関係ある豊富の仏像や古墓群と合わせ当時の寺運の高さが窺えます。中国四十九薬師第42番札所。宗派:天台宗。本尊:阿弥陀如来。

大日寺:写真

大日寺
[ 付近地図: 鳥取県倉吉市 ]・[ 倉吉市:歴史・観光・見所 ]
大日寺 大日寺 大日寺 大日寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。