倉吉市: 豊田家住宅

  鳥取県:歴史・観光・見所倉吉市:歴史・観光・見所>豊田家住宅

概要・歴史・観光・見所
豊田家住宅(倉吉市)概要: 豊田家は江戸時代中期から呉服店を営んできた家柄です。現在の主屋(久米郡倉吉驛)の建物は明治33年(1900)に建てられたもので、木造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行4.5間、梁間20間、建築面積118u、平入、外壁は鼠漆喰、1階正面は出桁で庇を支え、2階には手摺を廻しています。離れは昭和5年(1930)に建てられたもので木造2階建、切妻、平入、桟瓦葺、建築面積51u、内部は1階と2階共に6帖間、床の間、違い棚付(2階の座敷には書院付)で構成され、近代和風建築の好例とされます。敷地内には主屋の他、離れや土蔵(明和8年:1771年建築、寛延3年:1750年の「鉄屋の火事」後に防火建築が求められた。)があり、それらを挟むように中庭、坪庭が配置され採光や通風を取り入れています。豊田家住宅は明治時代に建てられた町屋建築の遺構である共に倉吉市打吹玉川伝統的建造物群保存地区の景観の一端を担う貴重な存在で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との理由から平成18年(2006)に国登録有形文化財に登録されています。

豊田家住宅:写真

豊田家住宅
[ 付近地図: 鳥取県倉吉市 ]・[ 倉吉市:歴史・観光・見所 ]
豊田家住宅 豊田家住宅 豊田家住宅 豊田家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。