倉吉市: 伯耆国分寺跡

  鳥取県:歴史・観光・見所倉吉市:歴史・観光・見所>伯耆国分寺跡

概要・歴史・観光・見所
伯耆国分寺跡(倉吉市)概要: 伯耆国分寺の創建年は不詳ですが天平13年(741)に聖武天皇によって国分寺建立の詔が出され建立された全国68ヶ寺の1つとされます。記録では天平勝宝8年(756)に仏具などが朝廷から賜っている事から少なくともこれ以前に境内や堂宇の整備が終えていたと思われます。寺域は、東西181.9メートル(600尺)、南北160メートル(528尺)、2.9ヘクタール、四周は土塁と溝が廻り、内部には金堂(本尊を安置する寺院の中心施設)や講堂(僧侶が仏法や法会を行う施設)、塔、回廊、中門、僧坊などの施設が設けられました。国分寺は天暦2年(948)に火災により焼失しその後再建されませんでしたが、元禄6年(1693)に跡地から北東500mに曹洞宗の護国山伯耆国分寺として再興しています。境内からは火災で焼失したとの記録を裏付けるように焦土の堆積が発見され、その他にも軒丸瓦や軒平瓦、土師器、須恵器、風鐸、錫杖頭などの遺物が発見されています。周囲には伯耆国庁跡や官衛又は国分尼寺と推定される法華寺畑遺跡、不入岡遺跡、国庁裏神社などがあり古代伯耆国の中心として繁栄しました。伯耆国分寺跡は昭和49年(1974)に国史跡に指定され、現在は伯耆国分寺史跡公園として整備されています。

伯耆国分寺跡:写真

伯耆国分寺跡
[ 付近地図: 鳥取県倉吉市 ]・[ 倉吉市:歴史・観光・見所 ]
伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡
伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡
伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡 伯耆国分寺跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。