倉吉市: 三明寺古墳

  鳥取県:歴史・観光・見所倉吉市:歴史・観光・見所>三明寺古墳

概要・歴史・観光・見所
三明寺古墳(倉吉市)概要: 三明寺古墳は古墳時代後期三明寺古墳(7世紀初期)に築造されたと推定される古墳です。直径18m、高さ6mの円墳(方墳か多角形墳の可能性もある。)で中央には全長8.3mの横穴式石室(玄室は長さ3.7m、幅3.2m、高さ3.1m)があり、石室としては山陰地方最大級と言われています。石組の構造は九州地方と類似点が多いことから、埋葬者は九州と関係が深い人物だったと推定されています。三明寺古墳は倉吉地方の歴史を知る上で大変貴重な遺構なことから昭和6年(1931)に国指定史跡に指定されています。現在石室内部には岩屋延命地蔵尊が祀られています(300年前から安置され特に子供の健康や交通安全、諸災消除、諸縁吉祥に御利益があるとして信仰の対象になっています)。又、三明寺古墳の所在地は伯耆国守護職を担った山名氏の菩提寺である山名寺の境内にあり、周辺には山名時氏の宝篋印塔(墓碑)の他、数多くの山名氏の墓碑が建立されています。

三明寺古墳:写真

三明寺古墳
[ 付近地図: 鳥取県倉吉市 ]・[ 倉吉市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。