鳥取市: 池田家墓所

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市観光>池田家墓所

池田家墓所
池田家墓所
[ 付近地図: 鳥取県 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]
池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所
池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所
池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所 池田家墓所
概要・歴史・観光・見所
池田家墓所(鳥取市)概要: 鳥取藩初代藩主池田光仲は元禄6年(1693)、享年64歳で鳥取城の城内で死去(脳卒中とされる。)すると墓所送定の儀が起り菩提寺である興禅寺の境内ではなく現在の鳥取市国府町奥谷に定められました。案内板によると「 鳥取藩主、池田家墓所は、池田家初代光仲以下11代慶栄に至る、歴代藩主と藩主室等の墓所があり、75基の墓碑のほか多数の石燈籠を整然と配している。藩主の墓碑は、いづれも亀趺円頭型の壮大なもので江戸時代大名墓所の代表的なものの1つである。 財団法人 史跡鳥取藩主池田家墓所保存会 」とあります。墓守として池田家墓所の境内に設けられた千岳庵は、後に2代藩主池田綱清の法名「清源寺殿良宗常温大居士」に因み清源寺に改称し興禅寺の末寺となり、明治時代初期に鳥取藩が廃藩になると庇護者を失い廃寺となっています。池田家墓所で採用された墓碑は亀趺円頭墓碑と呼ばれ、高さは約4.6m程で周辺を玉石垣(鳥取市福部町南田産の石材を使用)で囲い、中央に台石を配し、その上に亀趺と呼ばれ、姿は亀に似た中国における伝説上の生物を模った石像を載せ、その上部に墓碑を設けています(2代綱清の墓碑だけ、「生類憐れみの令」が発令中だった事で亀趺がありません)。この墓碑は大名の中でも特に石高が高い家が採用した為、当時の鳥取藩主池田家の格式が窺えます。当時は墓碑を収める霊廟や廟門、回廊がそれぞれ設けられていましたが、明治に入り鳥取藩が廃藩になると墓守だった清源寺が廃寺となり、急速に荒廃した為に取り除かれました。池田家墓所は大名家の墓制を留める大変貴重な史跡として昭和56年(1981)に国指定史跡に指定されています。

 鳥取市観光・旅行見所ナビ:
わらべ館因幡国庁跡宇倍神社雨滝景石城岡益石堂岡崎平内邸学行院梶山古墳観音院観音寺吉川経家公墓所景福寺
興禅寺玄忠寺湖山池広徳寺最勝寺常忍寺新井の石舟古墳仁風閣聖神社大安興寺大雲院大伴家持の歌碑芳心寺摩尼寺
大野見宿弥命池田家墓所鳥取城天神山城栃本廃寺塔跡日吉神社白兎海岸白兎神社布勢城布勢古墳防己尾城布引の滝
本願寺箕浦家武家門用瀬番所鳥取砂丘吉岡温泉樗谿神社(鳥取東照宮)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県歴史観光案内所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。