鳥取市: 白兎海岸

  鳥取県:歴史・観光・見所鳥取市観光>白兎海岸

白兎海岸
白兎海岸
[ 付近地図: 鳥取県鳥取市 ]・[ 鳥取市:歴史・観光・見所 ]
白兎海岸 白兎海岸 白兎海岸 白兎海岸
概要・歴史・観光・見所
白兎海岸(鳥取市)概要: 案内板によると「 白兎海岸は、古事記に記されている「因幡の白うさぎ」の伝説でよく知られている海岸です。浜の西端には、伝説に登場する白うさぎがいたとされる淤岐ノ島(おきのしま)があります。淤岐ノ島は、新生代第三紀中新世前期(約2000万年前)の火山活動により形成された凝灰角礫岩でできています。淤岐ノ島の周囲には海面に見え隠れする波食棚(はしょくだな)が発達し、白兎海岸との間に飛び石状に連なっていることから、伝説では白うさぎが渡った和邇(わに)[ワニザメ]の背になぞられています。また、白兎海岸東端付近にはハマナスの南限自生地があり、国の天然記念物に指定されています。」とあります。「因幡の白うさぎ」の神話は、隠岐の島に棲んでいた兎がどうしても因幡国に渡りたいが為に日本海に棲んでいた鰐をだまし隠岐の島から一列に並ばせ渡ろうとしましたが、最後の1羽で騙していた事がばれて皮を剥ぎ取られました。そこへ八十神が現れ、海水で傷口を洗い強い日光を浴び、強風に晒すと忽ち傷が治るだろうと告げてこの地を去りました。兎は御告げに従うと、傷口は化膿し、皮膚も真っ赤に晴れ上がり瀕死の状態となりました。そこに大穴牟遲神(大国主)が現れ理由を聞くと、傷口を霊泉で洗い流し、日陰で蒲の穂に包まって体を休めると、何れ傷も癒えるだろうと告げて篤く看病しました。兎が完治すると大穴牟遲神に感謝すると共に忠誠を近い、以来、兎が神(大国主)の使いになったと伝えられています。白兎海岸は白兎を祭神とした白兎神社が鎮座して伝承を伝えています。又、白兎が大穴牟遲神と八上比賣の恋を取り持った伝説から白兎海岸は平成22年(2010)に「恋人の聖地」に認定されています。

 鳥取市観光・旅行見所ナビ:
わらべ館因幡国庁跡宇倍神社雨滝景石城岡益石堂岡崎平内邸学行院梶山古墳観音院観音寺吉川経家公墓所景福寺
興禅寺玄忠寺湖山池広徳寺最勝寺常忍寺新井の石舟古墳仁風閣聖神社大安興寺大雲院大伴家持の歌碑芳心寺摩尼寺
大野見宿弥命池田家墓所鳥取城天神山城栃本廃寺塔跡日吉神社白兎海岸白兎神社布勢城布勢古墳防己尾城布引の滝
本願寺箕浦家武家門用瀬番所鳥取砂丘吉岡温泉樗谿神社(鳥取東照宮)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県歴史観光案内所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。