米子市役所旧館(山陰歴史館)

  鳥取県:歴史・観光・見所米子市:歴史・観光・見所>米子市役所旧館(山陰歴史館)

概要・歴史・観光・見所
米子市役所旧館(山陰歴史館)概要: 米子市役所旧館は昭和5年(1930)に建てられた建物で佐藤功一が設計しています。佐藤功一は早稲田大学建築科の創設に尽力した人物で、さらに女性の建築教育の草分け的存在でもあります。代表作は早稲田大学大隈記念講堂(国指定重要文化財)をはじめ岩手県公会堂(国登録有形文化財)や群馬県庁舎(国登録有形文化財)、日比谷公会堂(都選定歴史的建造物)、群馬会館(国登録有形文化財)など数多くの建物を設計しています。米子市役所旧館は鉄筋コンクリート3階建て、外壁は2・3階が煉瓦タイル貼り、1階はモルタル洗い出しで石張り調、1階の開口部上部はファンライト風の半円形の欄間を設え、正面玄関ポーチ入り口上部はアーチ状にするなど当時の洋風建築の要素を取り入れています。又、建設地は地盤が軟弱だった為、当時では珍しい工法により基礎を設計したそうです。米子市役所旧館は昭和初期の公共建築の遺構として貴重な存在で米子市指定文化財に指定されています。現在は山陰歴史館として一般公開され数多くの資料が展示されています。

米子市役所旧館:写真

米子市役所旧館(山陰歴史館)
[ 付近地図: 鳥取県米子市 ]・[ 米子市:歴史・観光・見所 ]
米子市役所旧館(山陰歴史館) 米子市役所旧館(山陰歴史館) 米子市役所旧館(山陰歴史館) 米子市役所旧館(山陰歴史館)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。