智頭宿本陣

  鳥取県:歴史・観光・見所智頭町:歴史・観光・見所>智頭宿本陣

概要・歴史・観光・見所
智頭宿本陣概要: 案内板によると「 藩政時代鳥取藩主池田候が、参勤交代で江戸に上る旅の宿所として、この御本陣は用いられました。鳥取からの最初の宿所で、帰途は最後の宿所でした。初代藩主光仲候が初入国した慶安元年(1648)から、文久2年(1862)慶徳候までの214年間(178回の往復)使用され、明治以降は高等小学校や幼稚園などに変わりました。智頭町教育委員会」とあります。現在は建物などの遺構がなく石碑と案内板のみが建立されています。嘉永元年(1848)に描かれた宗旨庄屋記録による「智頭宿御本陣平面図」では敷地内には本陣の他、御奉行所、役宅、御籠寄、供侍小屋、釜小屋、馬洗場、厩、大門、門番小屋などの施設が建立されていました。

智頭宿本陣:写真

智頭宿本陣
[ 付近地図: 鳥取県智頭町 ]・[ 智頭町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。