智頭町: 下町公民館

  鳥取県:歴史・観光・見所智頭町:歴史・観光・見所>下町公民館

概要・歴史・観光・見所
下町公民館(智頭町)概要: 下町公民館は大正3年(1914)に智頭町役場下町公民館下町公民館として建築された建物です。昭和3年(1928)に現在地に移築され、役場の機能が移された後は電報電話局などに利用され現在は下町公民館となっています。建築は木造2階建、寄棟、桟瓦葺、建築面積93u、外壁は下見板張り、ペンキ仕上げ、正面玄関には切妻、桟瓦葺きの玄関ポーチ屋根が設えられています。ポーチの屋根は所謂「ペディメント」で切妻の妻面を強調する事で建物の正面性を演出しています。下町公民館は華美な装飾を排した当時の地方公共建築の形式を残す貴重な建物で「造形の規範となっているもの 」との登録基準を満たしている事から平成14年(2002)に国登録有形文化財に登録されています。

下町公民館:写真

下町公民館
[ 付近地図: 鳥取県智頭町 ]・[ 智頭町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。