米子城: 坂口家住宅

  鳥取県:歴史・観光・見所(ホーム)>坂口家住宅(米子城)
米子城・坂口家住宅
【 米子城 】米子城は応仁の乱の騒乱時に築城されたと推定される城郭で、文明2年(1470)に尼子氏に敗北した伯耆方が米子城を利用した事が記録に残されています。戦国時代に入ると、尼子氏と山名氏、毛利氏により争奪戦が繰り広げられ、毛利氏の台頭により一族である吉川氏の勢力下に入ります。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは毛利輝元が西軍の総大将だった事から敗北後減封となり、当時の城主吉川広家も当地を離れました。一方、米子城には中村一忠が17万石で入封し米子藩を立藩、米子城には藩庁、藩主居館が整備され城下町の町割りも行われました。慶長14年(1609)に中村家が断絶すると加藤貞泰が入封したものの、元和3年(1617)に大洲藩に移封になった為米子藩は廃藩となっています。その後、鳥取藩領に組み込まれると重臣が米子城代として赴任し、寛永9年(1632)以降は荒尾氏が城代を歴任しています。荒尾氏には米子地域の行政権が認められた為「自分手政治」と呼ばれ鳥取藩(藩庁:鳥取城)から半独立的な行政が行われました。

【 坂口家住宅 】坂口家住宅は鳥取県米子市尾高町に位置する町屋建築で、明治25年(1892)に建てられました。坂口家の本家は米子を代表する豪商で木綿問屋(屋号:沢屋)を生業とし、明治時代以降はさらに大地主として発展し一大財閥となりました。当坂口家は明治時代ぶ分家した一族ですが、屋敷が広大で数多くの建物がある事からも相当な家柄だった事が窺えます。国登録有形文化財。

鳥取県の町屋建築
後藤家住宅坂口家住宅高田酒造桑田家住宅旧牧田家住宅山陰民具小川家住宅
豊田家住宅大社湯石谷家住宅旧塩屋出店米原家住宅吉村家住宅岩田家住宅
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「全国の町屋(町家)・建築」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。