智頭宿(因幡街道): 石谷家住宅

  鳥取県:歴史・観光・見所(ホーム)>石谷家住宅(智頭宿)
智頭宿(因幡街道)・石谷家住宅
【 因幡街道 】因幡街道は姫路城下(現在の兵庫県姫路市)と鳥取城下(現在の鳥取県鳥取市)を結ぶ街道で、江戸時代には特に鳥取藩主池田家の参勤交代の経路として利用されました。因幡街道の経路は、姫路城下→飾西宿→觜崎宿→千本宿→三日月宿→平福宿→大原宿→坂根宿→駒帰宿→智頭宿→用瀬宿→河原宿→鳥取城下、で平福宿や大原宿、智頭宿は当時の町並みを良く残し、中原、樽見、駒帰地区は街道の原風景が現存している事から名称「智頭往来 志戸坂峠越」として国指定史跡に指定されています。

【 智頭宿 】−智頭宿は因幡街道の宿場町として成立した町で、備前街道が分岐合流した交通の要衝として重要視されました。特に参勤交代で利用した鳥取藩主池田家は鳥取城下を出立し智頭宿で第1日目の宿泊地(復路の場合は最後の宿泊地)となった為、宿所となる御茶屋本陣が設置されました。現在でも両街道沿いには伝統的な町屋建築が点在し当時の町並みが残されています。

【 石谷家住宅 】石谷家住宅鳥取県八頭郡智頭町大字智頭に位置する町屋建築で、大正8年(1919)から昭和4年(1929)に建てられました。石谷家は江戸時代中期に当地に土着、その後は豪商として大きく発展し、大庄屋や問屋などの要職を歴任、明治時代以降は山林経営で富を成しました。現在の建物群は大正時代から昭和初期に、地元の大工田中力蔵が棟梁として手掛けたもので、屋敷全体が材木商だった石谷家の営業、展示場の舞台として銘木、良材が意識的して使用されています。石谷家住宅の座敷棟、家族棟、一号蔵、二号蔵、三号・四号蔵、五号・六号蔵、七号蔵、玄関棟、大工小屋、炭置場、裏門、車庫、普請関係文書、宅地は国指定重要文化財に指定されています。

鳥取県の町屋建築
後藤家住宅坂口家住宅高田酒造桑田家住宅旧牧田家住宅山陰民具小川家住宅
豊田家住宅大社湯石谷家住宅旧塩屋出店米原家住宅吉村家住宅岩田家住宅
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「全国の町屋(町家)・建築」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。