岩井温泉: 元岩井小学校

  鳥取県:歴史・観光・見所岩井温泉:歴史・観光・見所>元岩井小学校

概要・歴史・観光・見所
元岩井小学校(岩井温泉)概要: この建物は明治25年(1892)に岩井尋常小学校の校舎として建てられたもので木造2階建て、寄棟、桟瓦葺、外壁は1階が下見板張り、2階が白漆喰仕上げになっています。縦長の上げ下げ窓や玄関ポーチの意匠、ポーチ上部のガラス張のベランダ、蛇腹、バージボードなど当時の洋風建築の要素が取り入れています。一方、ベランダ上部の入母屋屋根や棟瓦、懸魚や透かし彫りの彫刻など和風の要素も見られ和洋折衷の典型例です。内部は元々は1階、2階共に片廊下形式でそれぞれ教室が2つづと校長室、職員室が配されていましたが大正6年(1917)に校舎としての役目を終えています。元岩井小学校校舎は鳥取県に残る明治時代に建てられた洋風学校建築の唯一の遺構として貴重な存在で昭和50年(1975)に若美町指定文化財に指定されています。又、岩美町出身で明治時代から昭和時代にかけての作家として知られる尾崎翠縁の地でもあり、父親である長太郎が主席教員として教鞭をとっています(翠が4歳の時に長太郎が転勤になった為、岩井小学校には通っていなかったようです)。そのような由来から平成10年(1998)に浜野佐知監督によって製作された映画「第七官界彷徨─尾崎翠を探して」のロケ地にもなっています。

元岩井小学校:写真

元岩井小学校
[ 付近地図: 鳥取県岩美町 ]・[ 岩井温泉:歴史・観光・見所 ]
元岩井小学校 元岩井小学校 元岩井小学校 元岩井小学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。