三徳山三佛寺: 鐘楼

  鳥取県:歴史・観光・見所三徳山三佛寺:歴史・観光・見所>鐘楼

概要・歴史・観光・見所
鐘楼(三徳山三佛寺)概要: 三佛寺鐘楼は鎌倉時代に建立され鐘楼た推定される建物で大正時代に大改修されました。切妻、こけら葺、部材自体は比較的新しいものですが当時の雰囲気を今に伝えています。三佛寺鐘楼は鎌倉時代に建てられた鐘楼建築の遺構として貴重な事から昭和50年(1975)に三朝町指定保護文化財(建造物)に指定され、平成14年(2002)に「三徳山三仏寺建造物群(不動堂、元結掛堂、観音堂、鐘楼堂、十一面観音堂、本堂)」として鳥取県指定保護文化財に指定されています。梵鐘は3尺5寸(約1.15m)、重量800貫(約3t)もある事から麓から鐘楼にある高所までどの様に運んだのか現在も謎とされます。毎年12月31日の大晦日には夜間、冬季の登拝禁止を解除し、降雪の中を三佛寺奥之院投入堂まで登拝、鐘楼では108つの鐘が鳴らされ「日本一危険な除夜の鐘」と呼ばれています。

鐘楼:写真

鐘楼
[ 付近地図: 鳥取県三朝町 ]・[ 三朝温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−山陰」、「城郭と城下町−山陰」、「山陰道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。