倉吉領(鳥取藩:自分手政治)

  鳥取県:歴史・観光・見所(ホーム)鳥取県の城下町>倉吉領(鳥取藩:自分手政治)

倉吉領(鳥取藩:自分手政治)概要
倉吉領(鳥取藩:自分手政治)概要: 慶長19年(1614)、大久保長安事件に連座し、里見忠義が館山藩(千葉県館山市)12万石から3万石で入封し倉吉藩を立藩します。ただし、流罪同然の扱いを受け、表高は3万石だったものの実石4千石程度しかなく、さらに元和3年(1617)に鳥取藩主池田光政により所領が没収され元和8年(1622)に忠義が死去すると倉吉藩も廃藩となります。その後、鳥取藩領に組み込まれ寛永9年(1632)、池田光仲が鳥取藩主になると家老である荒尾嵩就が8千石で倉吉に配されます。鳥取藩は大藩だった為、領内に有力家臣や一族を配し、一定の独立権を与たえ自分手政治が行われ、倉吉では打吹城の麓に陣屋が設けられ、代々荒尾志摩家が領主となりました。

倉吉藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代里見忠義1614〜1617年3万石 

倉吉領(鳥取藩:自分手政治)歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代荒尾嵩就1632〜1662年8千石 
2代荒尾宣就1662〜1683年8千石 
3代荒尾秀就1683〜1728年1万1千石 
4代荒尾勝就1728〜1735年1万1千石 
5代荒尾甫就1735〜年1万1千石 
6代荒尾斯就〜1754年1万1千石 
7代荒尾厚就1754〜1786年1万1千石 
8代荒尾為就1786〜1853年1万1千石 
9代荒尾世就1853〜1856年1万1千石 
10代荒尾直就1856〜年1万1千石 
11代荒尾光就〜年1万1千石 
12代荒尾嘉就〜年1万1千石 

倉吉領
倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み
倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み 倉吉領(鳥取藩:自分手政治):町並み
倉吉領・陣屋町:名所・旧跡
打吹城
打吹城
打吹城
長谷寺
長谷寺
長谷寺
勝入寺
勝入寺
勝入寺
大岳院
大岳院
大岳院
波波伎神社
波波伎神社
波波伎神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。