若桜町・歴史・観光・見所

  鳥取県:歴史・観光・見所>若桜町
鳥取県・名所・見所
 ・ 鳥取市
 ・ 鳥取市鹿野町
 ・ 琴浦町
 ・ 若桜町
 ・ 岩井温泉
 ・ 倉吉市
 ・ 大山町
 ・ 智頭町
 ・ 湯梨浜町
 ・ 八頭町
 ・ 関金温泉
 ・ 三朝温泉
 ・ 三徳山三佛寺
 ・ 米子市
 ・ 鳥取県:城郭
 ・ 鳥取県:洋風建築
 ・ 鳥取県:古民家
 ・ 鳥取県:神社
 ・ 鳥取県:寺院
 ・ 鳥取県:温泉
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
若桜町・歴史・観光・見所
若桜町概要: 若桜町は奈良東大寺建立の記録や「和名抄(平安時代中期に作られた辞書)」に記されていることから少なくとも奈良時代には成立していたと考えられています。正治2年(1200)には矢部十郎暉種が梶原景時の変で功があり因幡国山田周辺(八東若桜郷20余力村)が与えられ若桜鬼ケ城を築城しています。以来、16代矢部氏が領主として支配しましたが室町時代に入り山名氏が因幡国の守護になるとその支配に組み込まれます。若桜町は若桜街道(鳥取と姫路を結ぶ街道、播磨道とも呼ばれた。)と伊勢街道(鳥取と伊勢神宮を結ぶ街道、但馬道とも呼ばれた。)が通る交通の要衝だったことから軍事的にも重要視され戦国時代には尼子氏や毛利氏による攻防戦が繰り広げられています。天正6年(1578)、羽柴秀吉の因幡侵攻では逸早く若桜鬼ケ城を攻略、家臣である木下重賢を城主として配し軍事的拠点として重きを成しました。鳥取城が陥落すると重賢は改めて若桜領2万石の領主となり城下町や領内の整備を行いますが、慶長5年(1600)の関が原の戦いで西軍に組し改易となります。代わって山崎家盛が三田から3万石に加増され初代若桜藩主となり、引き続き若桜鬼ケ城の近代化や城下町の整備を行います。元和3年(1617)2代家治は大坂の陣の功により備中成羽藩3万5千石に加増転封になると鳥取藩領となり若桜藩は廃藩となります。元禄13年(1700)に当時の藩主池田光仲の5男清定が1万5千石が分知され鳥取西館新田藩を立藩、しかし城は設けられず幕末に陣屋を設けた程度となりました。若桜町は交通の要衝だったことから物資の集積場としても発展し周辺の経済的な中心となり多くの商人が集まり今日に見られる町並みが形成されていきました。特に明治時代の大火以降は土蔵建築が義務付けられた為、現在の蔵通りでは白壁の土蔵が連続して並んでいます。表のカリヤ通りは北陸から東北地方の町屋建築で見られる「雁木」や「こみせ」と呼ばれる私有地に庇を設けてアーケード風にしている「仮屋(カリヤ)」が見られ若桜町特有の町並みが見られます。
若桜町
若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み
若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み 若桜町:町並み
若桜町:観光・見所
永福寺山門
永福寺山門
永福寺山門
合同銀行
旧山陰合同銀行若桜支店
旧山陰合同銀行
三百田氏邸
三百田氏住宅
三百田氏住宅
若桜鬼ヶ城
若桜鬼ヶ城
若桜鬼ヶ城
若桜神社
若桜神社
若桜神社
若桜弁財天
若桜弁財天
若桜弁財天
岩屋堂
不動院岩屋堂
不動院岩屋堂
龍徳寺
龍徳寺
龍徳寺
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。