智頭町: 豊乗寺

  鳥取県:歴史・観光・見所智頭町>豊乗寺
智頭町・名所・見所
 ・ 塩屋出店
 ・ 下町公民館
 ・ 興雲寺
 ・ 智頭消防団屯所
 ・ 諏訪神社
 ・ 石谷家住宅
 ・ 中町公民館
 ・ 豊乗寺
 ・ 智頭宿本陣
 ・ 板井原集落
 ・ 藤原家住宅
 ・ 旧板井原分校
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
豊乗寺・歴史・観光・見所
豊乗寺(智頭町)概要: 宇谷山豊乗寺の創建は不詳ですが嘉祥年間(845〜51)に空海の実弟である真雅大僧都が開いたのが始まりと伝えられています。記録的には開山5代範恵阿闍梨が明応5年(1496)に梵鐘を謂ていることから、それ以前から開かれていたと思われます。戦国時代には寺運が隆盛し、境内には数多くの堂宇が建立され僧坊は12を数え、大山寺三徳山三仏寺と共に密教信仰の一大拠点となりました。天正8年(1580)、羽柴秀吉による因幡侵攻の兵火により多くの堂宇が焼失しましたが、梵鐘や多くの寺宝、仏像などは地中深く隠した為無事だったと云われています。寛永年間(1624〜43)高野山の真慶が中興し秀尊が堂宇を再建し、地中から往時の寺宝を掘り出しましたが全盛期の威容には至らなかったそうです。寺宝は多く、鳥取県内に数少ない国宝「絹本著色普賢菩薩像」を所有し絹本著色楊柳観音像と木造毘沙門天立像が国指定重要文化財に指定されています。現在の大師堂は天明2年(1782)に建てられたもので、正面入母屋、背面寄棟、茅葺、桁行3間、梁間3間。山門は延享元年(1744)に建てられたもので入母屋、桟瓦葺(建築当初は茅葺と推定されています。)、八脚。両建物共、江戸時代中期の寺院建築の遺構として貴重な存在で鳥取県指定保護文化財に指定されています。宗派:高野山真言宗。本尊:阿弥陀如来。

豊乗寺の文化財
 ・ 絹本著色普賢菩薩像−平安時代後期−国宝
 ・ 絹本著色楊柳観音像−中国元時代−国指定重要文化財
 ・ 木造毘沙門天立像−平安時代後期−国指定重要文化財
 ・ 絹本著色両界曼陀羅図−鎌倉時代−鳥取県指定保護文化財
 ・ 絹本著色不動明王像−鎌倉時代−鳥取県指定保護文化財
 ・ 豊乗寺のスギ−推定樹齢300年以上−鳥取県指定天然記念物
 ・ 豊乗寺大師堂−天明2年−鳥取県指定保護文化財
 ・ 豊乗寺山門−延享元年−鳥取県指定保護文化財

豊乗寺
豊乗寺
[ 付近地図: 鳥取県智頭町 ]・[ 智頭町:歴史・観光・見所 ]
豊乗寺 豊乗寺 豊乗寺 豊乗寺
豊乗寺 豊乗寺 豊乗寺 豊乗寺
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鳥取県:歴史・観光・見所」は「鳥取県の歴史」、「郷土資料辞典−鳥取県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。